こんなこと 7 LEGO®WeDo2.0

LEGO®️WeDO2.0は、小学生がLEGO®️ブロックを使ってプログラミングを学ぶ教材として活用されています。
コントロールするHubにモーターを1つとセンサーを1つ繋げられます。センサーは、距離を測るモーションセンサーと、傾きを測るチルトセンサーがあります。
HubはPCやタブレットとBluetoothで接続し、専用のアプリで作ったプログラムを転送して動かします。

マイロのフィギア
WeDo2.0で組み立てて動かすマイロのフィギア(非売品です)
プログラムの作成画面
PCまたはタブレット曜アプリでのプログラムの作成画面

2019年3月17日と24日の内容

3月の2回は、micro:bitを使ったプログラミングとLEGO®︎Wedo2.0及びScience&Technorogyの体験を行います。
micro:bitでは、LEDを光らせたり加速度センサーを活用したプログラムにチャレンジします。Wedo2.0では組み立てとプログラミングの基本を体験します。

AとBのボタンと5×5で25個のLED、P0・P1・P2の3つの端子と3V及びGNDの端子があります