7月28日(日)に開催します

2019年7月28日(日)10時30分~12時

小・中学生のためのプログラミング入門を開催します。

LEGO®️WeDo2.0やLEGO®️Boostを使った組み立てとプログラミング作成を中心に行います。

他にLEGO®️Science&Technorogyの組み立てやMicrobitを使ったプログラミング作成も用意してあります。

いろいろな体験から自分に合った内容を選んで取り組むことができます。

会場:奥敬一郎ダンススタジオ

   渋谷区笹塚2-22-2 サングローリービル1階

参加費:2500円(保護者の方は見学でき、一緒に幼児がいらした場合は、ブロックで遊んで頂けます)(初めての参加の場合は1500円)

申し込み・問い合わせはTAKE未来プロジェクトまで

6月9日(日)に開催します

2019年6月9日(日)10時30分~12時30分

小・中学生のためのプログラミング入門を開催します。

LEGO®️WeDo2.0やLEGO®️Boostを使った組み立てとプログラミング作成を中心に行います。

他にLEGO®️Science&Technorogyの組み立てやMicrobitを使ったプログラミング作成も用意してあります。

いろいろな体験から自分に合った内容を選んで取り組むことができます。

会場:奥敬一郎ダンススタジオ

   渋谷区笹塚2-22-2 サングローリービル1階

参加費:2500円(保護者の方は見学でき、一緒に幼児がいらした場合は、ブロックで遊んで頂けます)

申し込み・問い合わせはTAKE未来プロジェクトまで

案内チラシ

5月26日(日)に開催します

5月26日(日)10時~正午

小・中学生のためのプログラミング入門を開催します。

LEGO®️WeDo2.0やLEGO®️Boostを使った組み立てとプログラミング作成を中心に行います。

他にLEGO®️Science&Technorogyの組み立てやMicrobitを使ったプログラミング作成も用意してあります。

いろいろな体験から自分に合った内容を選んで取り組むことができます。

会場:奥敬一郎ダンススタジオ

   渋谷区笹塚2-22-2 サングローリービル1階

参加費:2500円(保護者の方は見学でき、一緒に幼児がいらした場合は、ブロックで遊んで頂けます)

申し込み・問い合わせはTAKE未来プロジェクトまで

2019年3月17日と24日の内容

3月の2回は、micro:bitを使ったプログラミングとLEGO®︎Wedo2.0及びScience&Technorogyの体験を行います。
micro:bitでは、LEDを光らせたり加速度センサーを活用したプログラムにチャレンジします。Wedo2.0では組み立てとプログラミングの基本を体験します。

AとBのボタンと5×5で25個のLED、P0・P1・P2の3つの端子と3V及びGNDの端子があります

2019年3月からいよいよスタート

2019年3月からいよいよスタートします。
京王線笹塚駅近くにある奥敬一郎ダンススクールをお借りして、毎月第3第4日曜日の午前10時から正午までの2時間で開催します。

スタートの3月は17日と24日の各日曜日の10時スタートです。

会場は、笹塚駅から徒歩7分、渋谷区笹塚2–22–2 サングローリービルディング1Fの奥敬一郎ダンススタジオです。

参加費 1回ひとり2500円(半分は会場費、半分は機材使用料・教材費・運営費として使用します)で当日会場で集めさせていただきます。

定員は10名で、 お一人でも親子でも、友人同士でも どなたでもお申込みいただけます。

申し込みは、申し込み・お問い合わせフォームをお使いください。

プログラミング教室ではありませんので、みんなで一斉に同じ教材で学ぶわけではありません。用意してある様々なものを選んで取り組んだり、他の人と一緒に試行錯誤したりという時間を過ごします。

スタート時点で用意してあるものは
(コンピュータプログラミング系)
・ボードコンピュータ「スタディーノ・ミニ」を使ったロボットカー
・イギリス生まれで学校の教材として使われている「マイクロビット」
・小型のプログラム可能な二輪ロボット「 Edison 」
・段ボール製ロボットをプログラムで動かす「embot」
・ ボードコンピュータ「Raspbery Pi」
・LEGO®マインドストームEV3
・LEGO®Boost
(コンピュータを使わないプログラミング)
・TAMIYA®Cam Program Robot
・TAMIYA®Chain Program Robot
(組み立て系)
・LEGO®Science&Technorogy
  *LEGO®関係は他にも用意してあります。

プログラミングに使用するPCやタブレットがまだ十分にありませんので、徐々に増やしていきますが、TAMIYA®のロボットやLEGO®を活用して皆さんがそれぞれ取り組めるようにしていきます。